【イエコマ】戸建住宅の軽メンテナンス!(水管清掃/網戸張り替え/家屋修繕 など )

>>イエコマの詳細はこちら!

■イエコマのセールスポイント

「家の専門家」が住まいのメンテナンスを格安対応します! 雨どい清掃や、排水管/給水管クリーニング、外壁・屋根の修繕などに対応。
類似のサービスは、現地見積もりで大幅に金額がアップすることがしばしばありますが、イエコマは完全固定の金額で対応。
表示の金額以外は一切いただきません。(屋根補修のみ現地見積)
また、便利屋や清掃業者ではなく家の修繕全般ができる家の施工プロが伺うので、安全・確実です。
台風の季節では、雨どい清掃や屋根/外壁の補修など緊急性のあるトラブルに対応します。
また、臭いや害虫の発生が気になる季節には、排水管清掃は有効な対策方法です。
さらに、季節を問わず『水栓・蛇口の交換』『カーテンレールの取り付け』 『コンセントの移設・増設』などのお困りにも格安で提供しております。
お陰様で、お問い合わせ件数が…5,000件を突破しました!
その理由は業界最安値に挑戦した価格を提供しているからです。
戸建住宅の軽メンテナンス(水管清掃/網戸張り替え/家屋修繕 など )で困った時はぜひイエコマにお問い合わせください。

 ◆イエコマの対応エリア

関東、福島県、静岡県、愛知県、山梨県、長野県、岐阜県(美濃地方のみ ※ただし一部エリア外となる場合あり)
〇近畿(滋賀県、奈良県、和歌山県、大阪府、京都府、兵庫県 ※ただしサービスによって対応エリア外となる場合あり)
対応エリア内の1戸建にお住まいの方(主婦、家のご主人)はぜひお問い合わせください!

■イエコマの人気サービスBEST3

◆第1位:網戸張り替え

外気に晒され、傷みやすく汚れやすい網戸の張り替えを業界最安値で行います! 5枚以内:1,000円/枚 (5枚までの限定価格) (6枚目以上は要ご相談)
網戸の破れは、ゴミや蚊などを室内に招きます! たとえ網戸の小さい破れでも、放置すると… 破れた網戸から蚊やウイルスが侵入 網戸は屋外の設備です。
しかし、換気や温度調整のために窓を開けたときは、網戸が部屋の一部となります。いわば、屋外の設備でありながら、同時に屋内の設備でもあるのです。 こうした機能を持つ設備は、網戸のほかにありません。
普段外側にあるということは、雨風や砂ぼこりに常にさらされているということ。それだけに、どうしても激しく汚れて傷みやすくなるのです。
ほこりまみれの網戸を使っていると、空気と一緒にゴミが室内に入りかねません。それに、ちょっと触っただけで指が真っ黒になってしまうものが室内にあるのは、気分が悪いものです。
そして、網戸に穴が空いてしまったら、蚊やハエなどの虫が入り放題で、網戸としての用をなしません。
たとえ小さい破れでも、時間の経過で破れが広がっていくのです。

◆第2位:排水管保守クリーニング

一戸建ての排水管を丁寧に清掃! 毎日使う排水管だからこそ、清潔に保ちましょう。
詰まり解消:5,200円~/ヵ所 外配管のみ:5,000円/一式 外・内配管:9,800円/一式(税抜)
こんな状態は排水管を洗浄するべき 高圧洗浄するべき排水管(キッチン・洗面所・浴室・洗濯機) 高圧洗浄が必要な箇所は、日常的に利用するキッチン・洗面所・浴室・洗濯機の排水管です。 あなたの住まいでは、以下に挙げる状態になっていませんか?
キッチンや洗濯機、洗面所、浴室の排水口から臭う 排水口が詰まっていて、キッチンや洗面所、浴室の水が流れない 洗濯機を稼働させているのに、よく停止する 排水管には、食べもののカスや油汚れなどが日々流れ込み蓄積していきます。そのため、排水管の定期的な点検をし、徹底した洗浄が必要なのです。
また、自分で洗浄しても排水口の詰まりや悪臭が解消しない場合は、高圧洗浄が必要なケースに該当します。
排水管の汚れ・悪臭・詰まりの原因 蓄積した油などの汚れ 排水管の汚れ・悪臭・詰まりの原因は、主に以下の通りです。
キッチンで流す油や食物のカス、洗剤 お風呂場から流れる髪の毛や洗剤、クリームなど 洗濯機から流れる洗剤や泥汚れ、衣服の毛玉やほこり 上記のゴミなどが排水管に流れ、汚れとして排水管に溜まり固まって、雑菌が繁殖してしまいます。 そうした不衛生な状態が続けば、ゴキブリや小バエ、蚊などの発生源となり、悪臭の原因にもなりかねません。
排水管の汚れ・悪臭・詰まりを放置すると… 破損した排水管 排水管の汚れ・悪臭・詰まりを放置は、以下のような状態に陥ってしまいます。
汚れが蓄積して完全に詰まり、逆流してしまう 排水管が故障する 洗浄で対応できない場合、排水管の交換をしなければならない 排水管が詰まりを起こすと、排水が逆流したり、配管が裂けて漏水したりして、家中が水浸しになる危険性があります。
最悪のケースでは排水管の交換が必要になります。排水管の交換工事は配管を露出させるのが大変です。
基礎や玄関といった部分のコンクリートを削る、配管を壁や床を解体するといった工事が必要になります。排水管を交換した後、元通りに復元しなければならないので数日を要する工事となります。大規模・高額な工事になるのがほとんどです。
排水管の洗浄は、一戸建ての場合、新築であれば5年以内に一度はしておきましょう。築年数が5年以上経てば1?2年に一度洗浄を行い、清潔な状態に保つことをおすすめします。

◆第3位:雨どい保守クリーニング

表面的なゴミや落ち葉だけではなく、排水管内部や横樋に積み重なったゴミまで徹底的に洗い流します!
集水器ゴミ除去:5,000円/一式 高圧洗浄:9,800円/一式
雨樋の詰まり放っておいて大丈夫? 軒樋、竪樋、集水器 雨樋とは、屋根に降った雨水を集めて排水設備に流すための装置です。 雨樋は、以下のそれぞれの樋から構成されます。
屋根から流れる雨水を受ける軒樋 軒樋で受けた水を地面へ垂直に導く竪樋 軒樋と竪樋をつなぐ集水器 雨樋があることで、雨水は地面に直接落ちず、建物の周りの土や建物の基礎部分が守られます。 もし雨樋がなければ、雨水は直接外壁に当たり外壁を劣化させてしまうのです。雨水が建物付近の地面に直接落ちると、地面に溝ができたり、建物の基礎周辺が不安定になります。
それだけに、異常を放置してしまって、後々大きなトラブルにつながるケースは多いようです。
雨樋を自分で掃除する方法は、『雨樋の掃除方法』に移動 雨樋が詰まる原因 雨どいが詰まった状態 雨樋が詰まる原因として考えられるのは、主に以下のものです。
風で飛ばされてきた落ち葉や土、砂、ゴミ 鳥の巣や動物の死骸 雨樋には遮るものがないため、飛来物がどんどんたまってしまいます。 これらを放置しておくとやがて腐敗し、詰まるだけでなく雨樋の劣化も進めてしまうのです。
雨樋の詰まりを放っておくとどうなる? 雨どいが詰まった状態 雨樋が詰まると、次のような困ったことになりかねません。
外壁が傷む 家の基礎周辺が劣化する 水はねの音が近所迷惑になる 雨樋が破損する 上記に挙げた弊害について、それぞれみていきましょう。
外壁が傷む 雨水は本来、雨樋を伝って排水管に流れていきます。 しかし、雨樋が詰まることで、本来とは異なる箇所から雨水が流れ出て、家の外壁を痛めてしまいます。 やがて、雨水が外壁の隙間から内側に浸入し、建物の重要な躯体部分を腐らせることもあるのです。
家の基礎周辺が劣化する 雨樋が詰まって正常に機能しなくなると、雨水が雨樋を流れません。すると、雨樋から溢れた雨水が外壁近くの地面に落ち、建物の周りの土を削って基礎部分を劣化させるのです。 さらに、雨樋に詰まった蓄積物が腐敗して、雨樋自体もどんどん劣化していきます。
水はねの音が近所迷惑になる 雨樋から流れ出た水が地面やコンクリートに直接叩き付けられると、想像以上に大きな音が発生します。 家の裏側だから自宅では気にならないけれど、お隣さんの寝室には夜中じゅう水音がうるさく響いていた…なんてことも起こりかねません。
雨どいが破損する 雨樋にたまったごみを放置しておくと、その重みで雨樋が外れ、破損することもあります。 「たかが雨樋」と思うかもしれませんが、雨樋を修理するためには足場を組む必要があるため、修繕費は数十万円と高額になることもあります。
また、雨樋が故障して外れたときに屋根や壁を巻き込んで傷つける可能性が高いです。 その場合は、屋根や壁の修繕費が上乗せされてしまいます。
雨樋は高所にあるので、自分で確認することは非常に困難です。 大きな修繕が必要になる前に、こまめに点検及び清掃を依頼することをおすすめします。 近隣に、葉が落ちる大きな木があるお宅は、特に気を付けましょう。
防護ネットがあるから大丈夫? 防護ネットが張られても詰まった状態の雨樋横樋へのゴミの侵入を防ぐために、防護ネットを付けている住居も増えているようです。
しかし、実は防護ネットは完全ではありません。 どうしてもネットのすきまや端の部分からゴミや砂は徐々に侵入してしまいます。 しかも、ネットがあることによりそれらの逃げ場がふさがれ、かえってゴミがつまりやすくなるケースがあるのです。
また、横穴と縦穴をつなぐ集水器の上にだけネットをかけることもありますが、ゴミの重みでこのネットが管に落ちて、詰まりの原因になることもあります。 ※ネットがある場合、作業のために足場を組む必要があります。こちらは別途料金が必須となります。
雨樋の掃除が必要となるサイン 壊れた雨樋
本来、雨樋の適切な掃除の頻度は、半年に1回です。 しかし、雨樋は高所であることからなかなか目が届きにくく、詰まっていても気づかない場合があります。 そこで、雨樋の掃除が必要となるサインを紹介します。
雨樋付近に植物やコケが繁殖している 雨樋付近に植物やコケがみられる場合、放置しておくとすぐに詰まりが発生してしまいます。早急に掃除するようにしましょう。
建物周辺の地面が落ち葉で覆われている 特に落ち葉の多い季節は、雨樋が落ち葉によって詰まりやすくなります。 落ち葉の多い季節では月に1回程雨樋の掃除が必要になります。 建物周辺にみえる落ち葉が増えてきたら、雨樋の掃除を行いましょう。
イエコマの雨樋清掃 雨樋の掃除は高所であることから、落下などの危険も伴います。慣れていない場合や少しでも不安のある場合は、専門業者に依頼しましょう。 一般的な雨樋清掃は、雨樋の表面のゴミを取り除くだけですが、これでは管の内部のゴミを取り除くことができません。
イエコマでは、高圧洗浄機で管の内部まで清掃するため、詰まりを元から取り除きます。 雨樋の修理・交換にも対応します。お問い合わせください。
※家屋の状況によって対応できない場合があります。詳しくは担当者にご相談ください。

■イエコマが選ばれる3つの秘密

1.業界最安値が維持できるのはなぜ?

営業コストを徹底的に合理化しているからです! 通常、ハウストラブルの対応業者は、宣伝・広告費に多額のコストをかけています。 趣向を凝らしたチラシやマグネットが、しょっちゅうポストや新聞に入っていませんか?
でも、たいていの場合、そうしたチラシはゴミ箱に直行してますよね。 これらを作って配り、さらに営業マンも回らせ、見積もりを立てて・・・ ご利用者様に関係のないこれらの作業がすべて施工費に上乗せされ、請求されてきました。
イエコマでは、こうした無駄な営業コストを徹底的に抑えました。
さらに、ご利用者の状況に最適な業者を派遣することで、不要コストを最大限削減。 追加料金なしの明朗会計を実現しました!

2.業界最安値が維持できるのはなぜ?

「家の専門家」が施工するからです! 各種補修や清掃を安く請け負う業者は、ほかにもあります。 しかし、その多くはそれ“だけ”しか対応できません。
建築物について素人同然の作業員が作業をした結果、「作業が乱暴で、壁に傷がついていた」「作業したその日はよかったが、しばらくしたらまたすぐに異常が発生した」など、かえって状況が悪化するようなケースが少なくないのです。
当社が派遣するのは、住宅設備・内装・外装工事のエキスパート。 施工箇所だけでなく家全体のことを考えた作業で、長く住むためのお手伝いをいたします。
また、当社では、独自の厳しいサービス基準を設け、「サービスマン」として訪問できるスタッフのみ派遣しております。 大切なお住まいのことをお任せいただく者としてふさわしい “礼儀””清潔感”のある対応をお約束いたします。

3.強引な営業の不安がないのはなぜ?

万一のときは、当社が窓口となるからです! 安価な業者に頼んだときに起こりがちなのが、「施工が済んだのに、追加で不必要な工事を勧められて断りにくい」など、しつこい営業を受けるようになってしまうこと。
当社では、良心的な施工業者を手配しているので安心ですが、万が一、施工業者からしつこい勧誘や営業を受けたら、ご相談ください。 ただちにやめるよう、当社がストップをかけます。
窓口と施工が別会社だからこその、安心サービスです。

>>イエコマの詳細はこちら!