新イエイ不動産|しつこい勧誘もかわりに断ってくれるって本当?TOP > 家の売却虎の巻 > 媒介契約の種類の違いとは?(1番いいのはどれ?)

媒介契約の種類の違いとは?(1番いいのはどれ?)について

 
不動産屋に家の売却を依頼するにあたっては「媒介契約」を結ぶ必要があります。この媒介契約には種類があり、その違いをしっかりと理解した上で依頼する必要があります。
媒介契約の種類は「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」の3種類です。それぞれにメリット・デメリットがありますのでその違いについてまとめました。

●専属専任媒介
 売却を依頼できる不動産会社は1社のみに制限されます。つまり一旦専属専任媒介で不動産会社と契約したら、もう他の不動産会社との媒介契約はできなくなります。そのかわり、依頼を受けた不動産会社はすみやかに販売活動に入らなければならなことになり、5営業日以内に指定流通機構に依頼を受けた不動産の登録を行い業界全体に情報を開示する義務があります。また、販売の状況を1週間に1回以上のペースで売主に報告する必要があります。この媒介契約は最も不動産会社に責任が重いものですが、その代わり売主が直接見付けた買主(知り合いなど)との売買を行う際も必ず媒介契約を結んだ不動産会社の仲介を通す必要があります。


●専任媒介
 売却を依頼できる不動産会社は1社のみに制限されます。つまり一旦専任媒介で不動産会社と契約したら、もう他の不動産会社との媒介契約はできなくなります。このあたりは先の専属専任媒介と同じですが、異なる点は、指定流通機構への登録は7営業日以内と少し余裕が与えられるのと、販売の状況報告も2週間に1回以上のペースで売主に報告すればいいといったものになります。この媒介契約も不動産会社に責任が重いものですが、売主が直接見付けた買主(知り合いなど)との売買を行う際は必ずしも媒介契約を結んだ不動産会社の仲介を通す必要はありません。


●一般媒介
 売却を依頼できる不動産会社は無制限に何社でもOKです。つまりどこかの不動産会社と一般媒介で契約しても、いつでも同じ内容で他の不動産会社との一般媒介契約を結ぶことができます。そのかわり、依頼を受けた不動産会社は指定流通機構への登録の義務や媒介業務経過報告の義務もありません。また、売主が直接見付けた買主(知り合いなど)との売買を行う際も必ず媒介契約を結んだ不動産会社の仲介を通す必要はありません。
 

では、どの媒介契約が1番いいのでしょうか?
これは何を基準にするかで変わってきてしまうのですが、あなたの負担が軽い点を優先して不動産会社を信頼してお任せするのであれば、専任媒介があなたの負担は軽いのでいいかと思います。しかし、信頼出来ない不動産会社の場合、不動産会社の都合でいいようにされてしまう恐れもあるので注意が必要です。
逆に、少しでも高く売ることを優先し、あなたが多少の手間もいとわないといった考えであれば、一般媒介が1番高く売れる可能生が高いです。ただし、そのためにはあなた自信が主導権を持って複数の不動産会社を管理するといったことが必要になります。
 

家の売却虎の巻記事一覧

家の売却の相談

家の売却を考え始めたらまずはイエイでオンライン査定が失敗がない方法です。複数の不動産会社に一括で査定の相談ができるので手間がないのはもちろんのこと、あなたの状況にあった売り出し...

家の売却の諸費用

家を売却する場合、売却にあたっての税金や不動産会社に成功報酬として支払う仲介手数料といった諸費用がかかってきます。そして、実際に売れた売却価格からこういった売却に関する諸費用を...

家の売却にあたっての税金や法律

イエイでご紹介する不動産会社では、自宅を売却した際の税金や権利関係が複雑な借地など、またご相続にあたっての手続きなどの不安にも対応できるところが強みです。中には直接提携している税理...

媒介契約の種類の違いとは?(1番いいのはどれ?)

不動産屋に家の売却を依頼するにあたっては「媒介契約」を結ぶ必要があります。この媒介契約には種類があり、その違いをしっかりと理解した上で依頼する必要があります。媒介契約の種類は「...

不動産屋がやってくれること(媒介業務の内容)

不動産屋に自宅の販売を依頼することになると、まずはその不動産屋と媒介契約を結ぶことになります。(※媒介契約の種類はこちらを参考にしてください。)では、媒介契約を結ぶと不動産...

売却活動のあれこれ

あなたのマンションや戸建ての売却を成功(早期に高く売る)させるためにはできるだけ情報を早く購入検討者に広めることがポイントになります。イエイと提携している不動産会社においては数々の...

売買契約の締結に向けて(条件交渉)

イエイが紹介する不動産会社では、あなたが安心して納得のいく売買契約を結ぶことができるように購入希望者との間で条件面の調整や交渉を行ってくれます。売主と買主間の条件が整えば売買契約書...

売却した家の引渡し前にやっておくこと

売買契約を締結したらその時に売買代金の一部(10%程度が相場)を買主から受領しますが、残りの代金(残代金)は家の引き渡しと引き換えに受領することになります。いわゆる同時履行と呼ばれ...

残金決済:残代金の受領と家の引き渡し

不動産の売買において最後の大イベントなのが残金決済です。残金決済においては売買代金の内契約時に受領した手付金を除いた残りである残代金の受領と家の引き渡し(鍵の引き渡し)を行いま...

買い替えの方法

家を買い替える場合には今の家を売ってから買う「売り先行」のパターンと、先に買ってから売る「買い先行」のパターンの2通りがあります。どちらを選択するのかはそれぞれの事情によりますがも...

家を売るときにかかる税金

家を売るときにかかる可能生のある税金としては、「所得税」と「住民税」があります。しかし、どちらも家を売却して譲渡益が発生した場合のみにかかってくる税金です。つまり、家を売却...